ノーズシークレットを使って感じられるデメリット

ノーズシークレットを使って感じられるデメリット

ノーズシークレットを使う上で、デメリットがあるとしたらどんなことかまとめてみました。

 

ノーズシークレットは、着用を始めてから異物感、圧迫感がなくなるまで1日30分を目安に毎日少しづつ調整していく必要があります。

 

使用時間は2〜3時間を推奨していますが、慣れてくれば長時間着用も出来ます

 

また眠るときや、運動や水泳などの激しい身体活動をするときに着用は出来ません。

 

小さい子供も着用することは出来ません。

 

他人と共有も出来ません。

 

それから全ての鼻の形に対応出来るとは限らないので、ノーズシークレットを試しに使ってみないと自分の鼻に合っているのか、周りの人たちにばれないかはわからないです。

 

私も一番気になったデメリットは周りの人に着用していることが分かってしまわないかということでした。

 

鼻に実際入れて着用するものなので粘膜を傷つけてしまわないか、汚くないかなどの心配があるかと思われます。

 

それに関しても実際使用してみないことにはわからないことが大きなデメリットかと思われます。

 

ノーズシークレットを正規通販で購入する